独立開業のデメリット

独立開業のデメリット

ネイルサロンでは、よほどの得意先やコネでもない限り、そう頻繁にネイルサロンへ通ってくれるお客さんはいません。

 

 

 

すでに大手のサロンが数多く乱立するなか、個人経営的なサロンが対抗するのは困難です。しかし、特別なスキルや国際ライセンスを持っているなどの場合は別です。そんなひとはまだまだ少ないですし、やはりネイルケアをしてもらおうとすると、お客はどうしても大手へ流れてしまいます。
 

 

せっかく、ネイルサロンをオープンするために、テナントを借りたり自宅を改装しても来客やリピーターがいなければ、サロンを閉めざるおえなくなります。

 

 

 

投資をしたものの、運営できなくなることで投資した分、損金になってしまうことが独立開業のリスク、デメリットといえるでしょう。

 

 

 

貯金をはたいて開業した場合はまだしも、借金をしてオープンした場合には、あまりにリスクが多すぎます。

 

 

 

そのため、借金をしないでスタートすることをおすすめすます。最悪、サロンの運営が続かなくなっても借金が残るわけではありませんから。

独立開業のデメリット関連ページ

ネイリストの独立開業
ネイリストの独立開業
独立開業の年収
独立開業の年収
ネイリストの年収
ネイリストの年収
あなたに合う資格のとりかた
あなたに合う資格のとりかた
ネイルはどこで習う?!
ネイルはどこで習う?!
ネイリストアンケート
ネイリストアンケート
検定試験を受ける意味
検定試験を受ける意味
ネイリストの検定って?
ネイリストの検定って?
「キレイになりたい」という気持ちに応える
「キレイになりたい」という気持ちに応える
ネイルデザインの参考に、カタログアプリ
ネイルデザインの参考に、カタログアプリ