マニキュアの由来

マニキュアの由来

マニキュアで使われているエナメル液は、1920年頃から使われるようになりましたが、マニキュアの歴史は古代エジプト時代(紀元前3000年以前)にさかのぼります。ミイラの指先にネイルのような装飾が施されているというのですから、本当に驚きですね。中世ヨーロッパでも美容院で行われていたとされています

 

 

 

日本では平安時代からあり、江戸時代ではホウセンカの花とカタバミの葉を合わせて爪に塗っていました。そんなにも昔から人々は爪のおしゃれを楽しんでいたのですね。

 

 

 

ここ15〜20年ほどでネイル、ネイルアートと呼ばれ、ただ単にエナメル液を塗るだけにとどまらず、色、形はもちろんのこと3Dアートまでも開発され、これから先どこまで進化することになるのかと思うくらい、まさに進化している芸術の世界です。

 

 

 

奇抜なメイクやヘアスタイルでは、街を歩くことにも抵抗があるものですが、指先はあまり環境に関係なく自分のしたいままのおしゃれを主張することができるので人気なのかもしれませんね。そして、指先にまでも神経が行き届いてる!!みたいな視線を受け、女子力を高めることができますよね。

 

 

 

ところで、マニキュアはおしゃれ以外にも爪を保護する役割もあります。重量上げなどのスポーツ選手は男性も使っているそうです。

 

 

 

今のところ、まだまだ女性だけという感覚が強いですが、最近は男性もお化粧する時代なので、ゆくゆくはネイルアートを楽しむ男性がたくさん現れるようになるかもしれませんね。

マニキュアの由来関連ページ

自分流センスとアンテナ
自分流センスとアンテナ
新型ネイル「パワーポリッシュ」
新型ネイル「パワーポリッシュ」
気になるネイルのお値段は?
気になるネイルのお値段は?
人気のネイルスタイル
人気のネイルスタイル
カルジェルとは?
カルジェルとは?
昔のネイル
昔のネイル
マニキュアの発祥
マニキュアの発祥
セーム皮
セーム皮
ネイルケア
ネイルケア
つまくれない
つまくれない