ネイリストの検定って?

ネイリストの検定って?

ネイリストの技能検定試験は、今年で16年目を迎え、これまでに延べ50万人が受けているそうです。

 

ネイリストの技能検定は、1、2、3級とあって、1級は総合的な技術と知識が必要とされ、2級はサロンでの仕事で必要とされる技術と知識、3級は基本的な技術と知識が必要とされるのだそうです。

 

 

 

試験内容は各級それぞれ「実技試験」と「筆記試験」があります。義務教育を終了していれば誰でも3級を受験することができます。合格ラインですが、実技は50点満点のうち38点以上、筆記は100点満点のうち80点以上です。実技審査の時間は70分、筆記試験は30分です。

 

 

 

1、2級は年に2回しかありませんが、3級は年に4回あり、試験の1ヵ月後に合格発表されます。ネイリスト技術検定試験は独学ではなかなか難しくて、たいていがネイルスクールなどで勉強してから受ける人が多いようです。

 

 

 

検定試験の合格率は、3級で90%近くとかなりの率で合格しますが、1、2級は40%前後なので、そう簡単ではありません。

 

 

 

単にネイルアートが好き、上手だというだけでは合格するのは難しそうですが、「好きこそものの上手なれ」と昔から言われてきたように、どんなに不器用であったとしても、熱意を持ち続けさえすれば、難関な1級合格もけっして夢ではないでしょう。

 

 

 

建築家であっても1級建築士だとなると、それだけで大きな信頼が寄せられることになります。
ネイリストとしていずれは独立をめざそうと思うのであれば、1級はぜひ取得しておくべきものですね。

ネイリストの検定って?関連ページ

ネイリストの独立開業
ネイリストの独立開業
独立開業の年収
独立開業の年収
ネイリストの年収
ネイリストの年収
あなたに合う資格のとりかた
あなたに合う資格のとりかた
ネイルはどこで習う?!
ネイルはどこで習う?!
ネイリストアンケート
ネイリストアンケート
独立開業のデメリット
独立開業のデメリット
検定試験を受ける意味
検定試験を受ける意味
「キレイになりたい」という気持ちに応える
「キレイになりたい」という気持ちに応える
ネイルデザインの参考に、カタログアプリ
ネイルデザインの参考に、カタログアプリ