昔のネイル

昔のネイル

現代のネイルは赤やピンクといった色だけでなく、黄色や緑色などの様々な色があります。では昔はどういった色がネイルに使われていたのでしょうか。19世紀のヨーロッパでは、ピンク色のネイルが女性の間で人気でした。そのため、ヨーロッパの女性の多くは爪にロウを垂らして塗って、それをシカやヤギなどといった動物の皮の銀面を落として油なめしした革で磨いてネイルをピカピカに磨いていたのです。昔の女性はそうやってネイルを綺麗に保っていたのです。

 

 

 

そして徐々にネイルを仕事にする人が出てきました。マニキュア師という職業が誕生し、今では女性の憧れの職業の中にネイリストが入るくらい人気の職業となっています。マニキュア師という呼び方の他に、ネイリストやマニキュアアーティストとも呼ばれたりするこれらの人たちが、ネイルのお手入れ以外にもマニキュアを販売したり、お手入れのグッズを販売するようになり、段々と私達の生活に馴染んでくるようになって来ました。ネイルサロンが最近日本で流行り、普及したために、爪を綺麗にするなんていうことは昔は行われていなく、最近の文化のような感じがします。

 

 

 

しかし、実際はかなり昔からあり、ただ単に日本にネイルの文化が入ってくるのが遅かっただけなのです。ネイルは洋服やヘアと違い気軽にすることが出来るファッションなのです。自分でネイルにマニキュアで色を付けることによって普段の生活に取り入れることが出来ます。

 

 

 

今ではファッション雑誌の中にネイルの特集が組まれることもあります。また、ネイル専用の雑誌も沢山出版されているのです。

昔のネイル関連ページ

自分流センスとアンテナ
自分流センスとアンテナ
新型ネイル「パワーポリッシュ」
新型ネイル「パワーポリッシュ」
気になるネイルのお値段は?
気になるネイルのお値段は?
マニキュアの由来
マニキュアの由来
人気のネイルスタイル
人気のネイルスタイル
カルジェルとは?
カルジェルとは?
マニキュアの発祥
マニキュアの発祥
セーム皮
セーム皮
ネイルケア
ネイルケア
つまくれない
つまくれない